千葉発っ!お店のホームページ制作.comはweb標準です

弊社のホームページは、web標準に準拠した正しいサイト構造が認められ、下記バナーの使用が認められています。

下記バナーをクリックして頂くと、お確かめ頂けます。


  • Markup Validation Service クリック→web標準 Valid XHTML 1.0 Transitional
  • CSS Validation Service クリック→web標準 Valid CSS!

web標準とは

ホームページはHTMLと呼ばれるマークアップ言語で作られているのですが、見た目が全く同じホームページであっても、HTMLの記述方法は幾通りも存在します。

しかし、幾通りもある記述方法の中には、ユーザーがホームページを閲覧する環境によって、正しく情報が伝達できないという事あります。

(例:視覚が不自由な方は音声ブラウザでホームページを見る(情報を収集する)のですが、その音声ブラウザがホームページの情報を正しく読めない場合がある)

そのような状況を廃し、誰もが等しくホームページから情報を収集できる事を目的とし、wwwで利用される技術の標準化をすすめている権威ある団体 W3C(World Wide Web Consortium)が一定の基準を設けたのがweb標準です。

web標準には様々なルールが記載されているのですが、最たるところを挙げますと、ホームページの「文章の構造」はXHTMLで、視覚的な「デザイン」の部分はCSSでというように、目的に応じて記述するファイルを分けるように定められています。

目的に応じてファイルを分ける事で、検索エンジンロボット(クローラー)が、その順位付けに必要な情報を収集しやすくなり、結果検索エンジンの上位表示につながるという側面があります。

このページのTOPへ